ベッドの中で決めました。

2人の子供を持つ妹への、余命2〜3ヶ月宣告。2018年8月、私は愛する妹のため、生体ドナー肝臓移植手術をしました。移植手術から数か月、妹の子供たちが、妹を見る目を見て、命の大切さを心から感じています。そして、生きるという事は、ただ呼吸することではなく、行動する事なんだと。私も生かされた人生、これからは人の役に立ちたいと強く思いました。

病室の窓から見える景色、政治無関心だった私だけど、テレビから聴こえてくる政治家の不祥事。政治って、政治家さんのものではなく、生きている私達や小さな子供達の未来をつくるもの。未来を明るくしたい。

だから私が命がけで政治を変えます。

私の声は、まだ小さい声。選挙カーはうるさいから乗りません。その声を拡めていただくのは、皆さんの噂です!